婦人

今の時代に合っているシェアハウス経営|収入に繋がりやすい投資

空き室に備える保険

硬貨を積む人

最小限の保証がある

手間をかけず楽にマンション経営をしたいなら、家賃保証があります。家賃保証は、サブリースや一括借り上げとも言われている外部委託サポートです。マンションを経営するときに発生しがちなトラブルに対して、家賃保証サポートを契約していれば最小限のリスクに抑えることができます。まず、最低限の家賃が決まっているので、空き室でも毎月月末に決まった家賃収入があります。しかし、空き室が多かったり入居者が家賃を滞納してしまった場合は、収入を得ることができなくなってしまいます。このサポートはそのような事態を避けるために、家賃保証会社が代わりに家賃額を支払ってくれるのです。安定した収入が得られるとして、多くの経営者が利用しています。

契約した後のトラブル

家賃保証はメリットが多いですが、契約後のトラブルも少なくないです。せっかくの家賃保証で泣き寝入りをしないために、じっくり保証会社を選ぶことが大切です。保証会社との契約後トラブルでは、リフォーム工事があります。30年一括借り上げなどでは、10年後や20年後にリフォーム工事をすることが、契約書に盛り込まれていることがよくあります。それをよく読んでいないと、いきなり高額なリフォーム費用を請求されるはめになります。契約書に記載されてあることなら、知らなかったでは済まされないことです。リフォーム以外では、契約更新で最低家賃を下げられることもあります。そういう細かいトラブルを予防するには、契約書を隅々まで読むことが大切です。